子供の本音を聞き出す方法


子供の本音を聞き出すにはどうすればいいの?

 

そんな突然イヤ!と言い出した子供への対処法について書いています^^

 

 

「本当は何を伝えたいの?」

 

について書かせて頂きます。

 

 

====

 

・いきなり幼稚園・保育園に行きたくないと言いだす

 

・いきなり学校に行きたくないと言い出す

 

・いきなり習い事に行きたくないと言い出す

 

・いきなりやっぱりイヤだと言い出す

 

 

そんなお子さんの経験をした事ありませんか?

 

私はいつもこのことに悩まされています。

 

 

自分の子供であったり、生徒さんであったり対象は変わりますが、でも対処法は同じ。

 

 

子供が突然イヤって言いだす時には何らかの理由が実は

 

 

心の奥底

 

 

に隠れています。

 

 

 

なぜ子供はいきなりイヤって言うの?

 

子供は大人の反応を見ている

 

私がイヤって言ってたらママどうするかな?

 

もう私の事嫌いってなるかな?

 

それともイヤって言う私も受け入れてくれるかな?

 

 

 

要は、、、、本当にイヤなのでなく、

 

大人の

 

 

愛情の確認作業

 

 

をしています。

 

 

 

 

良くわかるのです。

 

私の6歳の娘がイヤって言った時に、言う言葉

 

 

「行きたくない!ママがいい!

 

 

 

イヤだ、と言いながらママと一緒にいたい

 

とはっきり言っている。

 

 

でも、こっちに時間に余裕がない時、誰かを待たせていている時などは、この大切な

 

 

 

ママ私の事好き? 確認したいの。

 

 

 

という大切なメッセージを逃してしまいがち。

 

 

そんな私も昨日やってしまいました。

 

 

 

ピアノを習っている娘が突然「行きたくない!」

 

 

と時間ギリギリで言ってきました。

 

 

 

私は、ピアノの先生を待たせているのが気になり、どうしたの?何で?

 

 

とゆっくり聞けませんでした。

 

 

とりあえずすぐにピアノの先生に電話して、今日キャンセルする事を伝え、その後どうしたかというと、、、、

 

 

 

 

ずっとイライラ

 

 

 

だってそうですよね。

 

 

せっかく、娘が習いたいというから必死になってピアノ教室何件も探して

 

 

やっと気にいった先生見つけて習い始めて2か月。

 

 

もう行きたくないの?

 

 

この子は長続きできない子のなの?

 

 

ってなぜかひたすら娘を攻めてしまう。

 

 

 

でも、気づいたのです。

 

 

そんな時、大切な事。

 

 

子供の本当の気持ちを聞き出そう

 

 

娘に対してイライラしているのは自分自身。

 

 

では、娘自信はどうなの?

 

 

少しお互いイライラも落ち着いた寝る前に聞いてみました。

 

 

 

何でいきなりイヤって言ったの?

 

 

「だって、弾きたいのに難しくて弾けないんだもん」

 

 

そうだったのか。。。。。

 

 

やっとイヤの裏が分かった瞬間。

 

 

 

 

解決策を見出そう

 

 

ピアノに行きたくないわけでもなく、ピアノが嫌でもなかった。

 

 

弾きたいのに弾けない自分が嫌だった。

 

 

娘のイヤの本性は

 

 

できない自分への悔しさ

 

 

でした。

 

 

その本当の気持ちが分かれば後は解決していくだけ^^

 

 

一気に私の気持ちは楽になりました。

 

 

だって、前に進むことができるから。

 

 

======

 

 

この様に、解決策が見つかればいけど、見つけられない時って

 

 

子育ての迷宮入り

 

 

をして、抜け出せなくなります。

 

 

抜け出せないからイライラする。

      ↓

 

親も子供も関係が悪くなる

      ↓

 

お互い話しても無駄だと諦めモードに入る

 

      ↓

 

お互い本当の事を言えない関係になる

 

 

と悪循環が回ってきます。

 

 

お互い落ち着いてから話そう

 

 

本日の解決策は、もうこれにつきます。

 

 

落ち着いてから話す

 

 

 

人ってイライラしている時って必ず人を傷つける言葉を口にします。

 

心に思っていない事でも、ついつい言ってしまう。

 

 

だから、やはりきちんと本音を話し合うには、まずは時間を置いて落ち着かなければいけない。

 

 

今回自分自身の経験からも学びました^^

 

 

 

いいかがですか?

 

 

”お子さんと話し合う”

 

 

できていますか?

 

 

普通の事なのです。 当たり前に言われている事なのです。

 

 

でも、その当たり前がついつい忙しい毎日で忘れてしまいがちなのです。

 

 

 

だから「そうだったよね」という気づきの一つになればと思い、

 

 

心を込めて書かせて頂いています^^

 

======

 

以上、&JOYリズム体操考案者ホープのぞみでした^^

 

普通のママでも、体操経験ない方でも、運動が得意でない方でも

「リズム体操の先生になれる!」

リズム体操講師養成講座主催。

 

 

詳細はホームページより